請願第1号 憲法9条改憲に反対する請願

 

本請願に対しまして、会派を代表し、意見を述べさせていただき、態度表明させて頂きます。
本請願は、憲法9条改憲を行わないことを日本政府に求める請願であります。
憲法9条とは、わかりやすく言うと、次の3つのことを定めています。
 
1、戦争を放棄します
2、戦力を持ちません
3、国の交戦権を否定します
 
戦争をしませんし、戦力も持ちません。
交戦する権利すら認めません。
とても平和的で、人類の理想ともいえる内容であります。
 
しかし、憲法9条は、現実とかけ離れているのが問題となっています。
国際社会は弱肉強食です。
領土問題という名の侵略は、多々あります。
実際に、北方領土はロシアに、竹島は韓国に、不法に占拠されたままですし、尖閣諸島に対して中国は領有権を主張しています。
「釣魚島は中国の核心的利益である」 と中国はキッパリと明言しました。
さらに、既に北朝鮮のミサイルは頭上を飛び越えていて、核実験は度重ねられております。
当り前の事ですが、侵略に対する自衛権は日本も認めています。
 
しかし、この点は条文と矛盾してしまっています。
自衛隊は、海外でも評価の高い立派な戦力であり、国民の多くも高く評価している所です。
悲しい話ですが、武力がないとあっさり侵略されてしまいます。
実際に領土問題が起こると、すぐに戦争になるわけではないかも知れません。
 
しかし、話し合いの場で背景となるのは、その国の国力です。
国力とは、経済力(お金)と軍事力(武力)です。
武力をちらつかせて迫られたら、譲歩するしかないでしょう。
そのため、日本も自衛隊という立派な戦力を保持しています。
すると、先ほどの戦争放棄と同じように、現実と条文が矛盾しています。
人類の理想とも言える憲法9条ですが、実際の現状とは、矛盾してしまっているのです。
憲法の内容と現実が違うこの矛盾点に対して、「侵略戦争は放棄するけど、自衛戦争は放棄しない」、「侵略のための軍隊は保持しないけど、自衛する戦力は保持する」という解釈を変える事によって乗り切ってきましたが、憲法の解釈が時代や人によって変わることには違和感があります。
 
そこで、「憲法9条を現実に合わせて改正する」という事は必要なのです。
改正して、しっかりと軍隊を保持することを明記して、自衛隊がどういう軍隊なのか、戦争を放棄するとはどういう戦争を放棄するのか、明確にすることが必要なのだと考えます。
従って、本請願には賛成できません。
以上、態度表明とさせていただきます。